Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内におけるウイルス感染メールの割合が世界水準を上回る

メッセージラボジャパンは、6月に検知したウイルスやスパムメールの状況について取りまとめた。スパムは前月と同水準だったが、マルウェア配布サイトは増加を見せている。

同社のレポートによれば、閲覧によりマルウェアなどに感染するおそれのあるサイトは1日平均1919件検知され、5月と比較して67ポイントの増加を記録。また、6月にウェブ経由で配布されたマルウェアの58.8%が新規に確認されたマルウェアだった。

ウイルス感染メールの割合は0.37%で、5月から0.06ポイントの微増だった。また、10.4%に悪質なサイトへのリンクが含まれており、こちらは前月から3.4ポイントの増加を見せている。フィッシングメールの割合は0.36%で、前月から横ばいだった。

流通するメール全体に占めるスパムの割合は90.4%で、前月と変わらず9割を超える高い水準を保っている。そのうち、ボットネットから送信されたものが83.2%を占めた。画像スパムの増加傾向も依然として続いており、スパム全体の8から10%を占めている。

最新の攻撃手法として、機械的に自動生成されたノイズパターンを背景にしたHTMLイメージを含む添付ファイルを送信する手口が確認された。

また、インスタントメッセージを利用した攻撃も増加している。2008年末の時点では、インスタントメッセージに含まれる悪質なリンクの割合は200件に1件だったが、6月にはその割合が78件に1件まで増加した。

国内の状況を見ると、スパムの割合は67.1%で減少を見せている。一方、ウイルス感染メールの割合は235.7通に1通で、世界平均よりわずかに高い結果となった。

(Security NEXT - 2009/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移