Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアが昨年同月の2倍、VMWareを通じて感染するウイルスも - G Dataまとめ

G Data Softwareは、同社研究機関「G Data SecurityLab」が4月に検知したマルウェアの傾向についてとりまとめた。新種が昨年同月の2倍に上っているという。

同社によれば、4月に観測された新種マルウェアの種類は9万3785件に上っており、3月の11万3046件より減少したものの昨年同月の2倍を記録したという。同社はこれら件数について、単に捕捉したファイルの件数ではなく、ウイルス定義ファイル上の件数であるとして、その多さを強調している。

新種マルウェアの中心はトロイの木馬型で、全体の37%を占めた。ダウンローダーが20.1%、バックドアが16.1%で続いている。トロイの木馬の増加は2008年下半期以降より目立っており、今回は3倍以上も増加しているという。

種類別に見ると、トップはランキング常連である「Monder」だったが、2位はあらたにランクインを果たしたトロイの木馬「Stuh」だった。同社によれば、このトロイの木馬は、VMWareなどを通じて感染し、ネットワークのトラフィックやキー入力情報を盗むほか、Windowsの自動アップデートを阻止するという。

また新種として、外部からプロセスが統御される「Inject」、ルートキット技術を利用し、DNSのセッティングを変更する「Tdss」が姿を現している。同社がまとめたランキングは以下の通り。

新種マルウェア発生種

1位:トロイの木馬
2位:ダウンローダー
3位:バックドア
4位:スパイウェア
5位:アドウェア

ウイルス群ランキング

1位:Monder
2位:Stuh
3位:Inject
4位:Tdss
5位:Hupigon

(Security NEXT - 2009/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移