Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」進化の背後にプロの作成者 - エフセキュア四半期レポート

エフセキュアは、2009年第1四半期におけるマルウェアの発生状況などを取りまとめた。

同社によれば、第1四半期はワームの活動が活発だったという。現時点で2009年最大のマルウェアは、別名「Downad」「Kido」などとも呼ばれている「Conficker」。Windowsの脆弱性を攻撃するワームとして登場したが、リムーバブルメディアやP2P経由の感染や、攻撃する国の言語を利用するほか、アップデート機能を備えるなど進化を続けている。

同社ウイルス研究所のMikko Hypponen氏によれば、こうした「Conficker」は複雑なコードで書かれており、高度化の背後にプロのマルウェア作成者がいるという。すでに数百万台規模のコンピュータが感染しており、何でもできる状態にあると、危機的な状況にあることを同氏は指摘している。

またSNSサービスである「Facebook」をターゲットとしたワーム「Koobface」が発生した。同ワームは、ログオン情報をはじめ、画像、友人などの情報を盗み出すのが特徴で、さらに盗み出した画像から偽のYouTubeページを作成。SNSの友人などを誘導して攻撃を行う。

また同社では、iPhoneから情報を盗み出す「FlexiSpy」やスマートフォンの連絡先を悪用して感染を広げるワーム「Sexy View」を確認している。スパム送信のために情報袖手を行っており、Mikko Hypponen氏に、いずれ世界各地で問題になると予測している。

(Security NEXT - 2009/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移