Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイトの安全性を診断する新サービス - ウイルス感染やフィッシングの危険性を調査

情報処理推進機構(IPA)は、「悪意あるサイトの識別情報及び対策情報提供システム(Trap-website Information Providing System)」を活用し、ウェブサイトの危険性を診断するサービスを開始した。

同サービスは、インターネット利用者より安全性を確かめたいウェブサイトのURLをメールで受け付け、IPAがTIPSを利用してウェブサイトを分析、安全性を診断するもの。

マルウェアや不正請求のの配布サイトをはじめ、フィッシング詐欺サイトや、ワンクリック不正請求サイトなど、悪意あるウェブサイトであるか2就業日以内に診断し、メールで利用者へ調査結果や対策情報を回答する。調査依頼1件につき、対象URLは1件まで。

IPAでは、従来より悪意あるウェブサイトに関して注意喚起を展開しているが、今回のサービス追加により、ウェブ経由によるウイルス感染被害などの防止を目指す。同システムの解析結果について依頼者に対する回答だけでなく、一般への注意喚起など活用する予定。

090319ip.jpg
IPAによる利用イメージ

(Security NEXT - 2009/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応