Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年第3四半期のフィッシング状況を取りまとめ - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、国内における2008年第3四半期におけるフィッシングの状況をとりまとめた。

2008年7月から9月にかけて国内におけるフィッシングの報告数は27件。前四半期には6件と2005年以来のひと桁台を記録するなど低水準となったが、再び増加した。UFJカードやYahoo! オークションを騙る手口が目立ったという。

また同協議会は、今回のレポートでAnti Phishing Working Group(APWG)による2008年第2四半期の「Phishing Activity Trends Report」についても紹介した。

フィッシングに関する報告件数は 5月の2万3762件から6月の2万8151件へ上昇した。不正ソフトの感染を狙ったURL数についても、4月の4080件から6月の9529件へ大きく上昇。6月の件数は前年同期の比258%を記録したという。

フィッシング対策協議会
http://www.antiphishing.jp/

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA