Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事故前提社会におけるDBのセキュリティ対策に関するレポート - ラック

ラックの研究機関であるサイバーリスク総合研究所のデータベースセキュリティ研究所は、データベースのセキュリティ対策をまとめたレポートを発表した。

同レポートは、「事故前提社会のデータベースセキュリティ」と題したレポート。多発するSQLインジェクション攻撃の調査結果やラックが提供している「情報漏えい緊急対応サービス」などを通じて得た情報を取りまとめた。

同レポートでは、アプリケーションに欠陥が存在していることを前提とし、SQLインジェクション攻撃の発生状況や攻撃方法ほ概要をはじめ、事故に対する事前対策の方法、不正アクセスの検出や調査方法、復旧方法などを収録した。レポートは同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2009/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
船舶向けの帯域管理ソリューションに複数の脆弱性
セキュリティリリース「Joomla 3.8.6」が公開 - 「SQLi」を解消
「Joomla!」にセキュリティアップデート - SQLiやXSSの脆弱性を修正