Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムに悪用された有名人ランキングが発表 - ブラピとトムクルーズで全体の4分の1

Panda Securityは、スパムやウイルスメールなどの悪意あるメールで2008年に最も多く利用された有名人のランキングを発表した。

同社の研究機関「PandaLabs」の調査によれば、2008年に悪意あるメールに最も多く使われた有名人はブラッドピットさんで、全体の12.57%を占めた。2位はトムクルーズさんの12.14%。2人だけで有名人に関連した悪意あるメール全体の4分の1を占めている。

10位圏内で3位以下はほとんどが女性。3位はブリトニースピアーズさんで12.01%、4位はアンジェリーナジョリーさんの11.62%と続く。ハリウッド俳優や有名歌手が目立つが、トップ10圏外ではあるもののバラクオバマ大統領やゴルファーのタイガーウッズ選手、フィデルカストロ前議長の名前も利用された。

PandaLabsのテクニカルディレクターによれば、悪意あるメールの送信者はネット上でよく検索される名前や話題になっている名前を常にチェックしており、メールにそういった名前を使うことでユーザーの興味を引こうとするという。有名人の名前が含まれていても、不審なメールの添付ファイルやリンクは開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2009/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か