Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSキャッシュポイズニングの対策資料を公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、DNSキャッシュポイズニング対策に活用できる情報を収録した資料を公開した。

2008年7月に多くのDNSサーバで見つかったキャッシュポイズニングの脆弱性について、対策の際に役立つ48ページにわたる資料を公開したもの。DNSの機能や脆弱性に関する解説のほか、DNSサーバの設定や関連ツールの解説などを取りまとめた。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

DNSキャッシュポイズニングは、利用者は正しいURL入力しても悪意あるサイトへ誘導される可能性がある脆弱性。2008年7月に明らかとなり、脆弱性を悪用するコードも公開されている。

多くのベンダーでは脆弱性を解消するパッチの提供などを行っているが、同機構に対しては依然として多くの届け出が寄せられており、複数回にわたり注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
「Knot Resolver」に脆弱性 - DNSキャッシュポイズニングのおそれ
DNSサーバ「NSD」に脆弱性、「TSIG秘密鍵」漏洩のおそれ
複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード
キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver 2.4.0」がリリース
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース