Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSキャッシュポイズニングの対策資料を公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、DNSキャッシュポイズニング対策に活用できる情報を収録した資料を公開した。

2008年7月に多くのDNSサーバで見つかったキャッシュポイズニングの脆弱性について、対策の際に役立つ48ページにわたる資料を公開したもの。DNSの機能や脆弱性に関する解説のほか、DNSサーバの設定や関連ツールの解説などを取りまとめた。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

DNSキャッシュポイズニングは、利用者は正しいURL入力しても悪意あるサイトへ誘導される可能性がある脆弱性。2008年7月に明らかとなり、脆弱性を悪用するコードも公開されている。

多くのベンダーでは脆弱性を解消するパッチの提供などを行っているが、同機構に対しては依然として多くの届け出が寄せられており、複数回にわたり注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性
「BIND 9」に脆弱性、ゾーン情報を不正に操作されるおそれ
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも
「BIND 9」に複数の深刻な「脆弱性」 - 異常終了するおそれ
IIJ製ルータ「SEILシリーズ」にサービス拒否の脆弱性 - 修正版ファームウェアが公開
「BIND 9」にリモートからの攻撃可能な脆弱性 - 異常終了のおそれ