Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fromヘッダに内容を記載するスパムの新手口 - トレンドマイクロが確認

トレンドマイクロは、同社ブログでスパム配信国のランキングを明らかにした。ブラジルの動きが活発で同社では警戒を強めている。

スパムの20%以上を配信する米国が前回同様首位だったが、前回2位の中国が8位に後退し、前月3位からブラジルが順位を上げている。ブラジルはボットネットの活動も活発で、スパムを配信するISPの上位10社中4社がブラジルのISPだった。

同社によればスパムの傾向は、著名性を利用したものや、SNSサービスの招待メールを詐称するケースのほか、クリスマスシーズンのグリーティングメールを装ったスパムなどが見つかっている。

さらにあらたな手口として送信者ヘッダの欄にメールの内容を記載する攻撃も確認されたという。同社では、件名や本文に対するスパムチェックを回避するための新たな手法と分析している。

同社によるスパム配信国の上位10カ国は以下の通り。

1位:米国
2位:ブラジル
3位:ロシア
4位:トルコ
5位:オランダ
6位:カナダ
7位:ドイツ
8位:中国
9位:イギリス
10位:ポーランド

(Security NEXT - 2009/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇