Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染手口が巧妙化、従来の常識は通用せず - IPAが警鐘

情報処理推進機構(IPA)は、ウイルス感染の手口が巧妙になってきているとして注意を呼びかけている。

従来は安全だとされてきた行動でも、ウイルスの感染手法が巧妙となってきていることから感染の原因になる可能性があるとして、新しい感染手法について理解を求め、改めて対策を実施するようアナウンスしたもの。

同機構では具体的な事例として、「PDFファイルやWordファイルによる感染」について取り上げ、従来は実行ファイルに対して注意すべきだったが、最近ではアプリケーション用のファイルであっても脆弱性を悪用し、ウイルスへ感染するおそれがあるとして警告した。

また、企業や組織の正規サイトが改ざんされることによるウイルス感染、USBメモリを利用したウイルス感染についても危険が潜んでいるとし、セキュリティ対策ソフトの利用や脆弱性の解消など、対策の重要性を強調している。

さらにこうした対策以外にも、信頼できないファイルやUSBメモリをむやみに開いたり、利用しないことや警告ダイアログなどを無視しないなど、対策を組み合わせて総合的に実施し、被害を未然に防ぐよう注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2009/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に