Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスの増加、個人情報の不正取引に拍車かかる2009年 - G DATA予測

G DATA Softwareは、2008年におけるインターネット上の脅威について統括し、今後の予測などを発表した。2009年もウイルスが増加すると予測しており、個人情報の窃盗も増加。低価格化が進む不正取引は、ますます活発になるという。

同社によれば、2008年は金銭目的としたサイバー犯罪が一般化した1年となり、ディーラーやマーケティングなど分業化が進んだ。今後も一般的な企業と同様に経済活動を展開し、さらなる成熟が見込まれる。

同社は、攻撃ツールの充実など環境も整い、スパム送信やフィッシングサイトの作成など、マルウェアを拡散させることが簡単に実現できる状況になっていると現状を指摘。ボット感染の拡大により、被害が増加するおそれがある。

2008年は、不正利用されていたエストニアのドメイン業者「EstDomains」が認定取り消しとなったり、ISPである米McColoが閉鎖されるなど、政府や公的機関による規制強化により、スパム配信については一定の結果を残しているものの、メールからメッセンジャーやブログといったWeb2.0サイトなど、別の攻撃対象へ移行する可能性もあるという。

マルウェアなどを通じて入手した情報はブラックマーケットで流通しているが、低価格化がいっそう進んだ。同社によれば、銀行アクセスデータであれば日本円に換算して約800円弱から5万円前後。偽造防止コードに関する情報を含むクレジットカード情報も100件あたり約5000円から1万円程度だという。

さらに通常のクレジットカード情報であれば、1000件でわずか4万円から8万円弱、メールアドレスに至っては、1Mバイト数十円から提供されている。同社ではこうしたデータ窃盗は過熱し、今後も市場が成長していくと予測している。

(Tomohiro Takeyama - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移