Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアの検知数が前年の3倍、オンライン犯罪も悪質化 - エフセキュア総括

エフセキュアは、2008年下半期のマルウェアやオンライン犯罪の傾向をまとめ、公表した。マルウェアの検知数が記録的な増加を見せるとともに、オンライン犯罪の悪質化、多発化傾向が目立った年だったと総括している。

同社が2008年に検知したマルウェアは約150万件で、2007年の50万件から3倍という大幅な増加を記録した。また、サンプルとして収集された不審なアプリケーションも、前年比450%に増加。今年収集されたサンプルの種別数は1000万を超え、システム上処理する必要のあるサンプル数は数千万という膨大な数になった。同社はこの増加傾向が今後も続くとの見通しを示している。

2008年のマルウェアの傾向として、まずボットネットの活発化を挙げており、控え目に試算しても、世界で約1200万台のコンピュータがボットに感染しているという。また、米国の大統領選挙に関連した内容でユーザーの興味を引き、悪質なウェブサイトに誘導するといった標的型攻撃や、偽セキュリティソフトによる詐欺なども継続して発生している。

また今年は、大量のスパム配信を行っていたインターネットプロバイダがネットワーク接続を遮断されたり、犯罪に利用された悪意あるドメインを管理していたドメイン登録サイトが認定登録業者からはずされるなど、オンライン犯罪に対する具体的な対策が実施され、一定の成果を上げたと評価した。

同社は今後、マルウェアやオンライン犯罪は増加し、手法も巧妙化するとの懸念を示し、特にボットネットは、P2P機能など新しい技術を取り込んでさらに拡大するおそれがあるとして警戒を強めている。

(Security NEXT - 2008/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移