Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発見した不審ファイルを即時確認する新技術「Artemis」 - マカフィー

マカフィーは、不審なファイルを検知し、リアルタイムでマルウェアか特定する新技術「McAfee Artemis Technology」を開発した。

同技術では、コンピュータ内で疑わしいファイルが検出された場合にリアルタイムで同社のサーバに接続し、マルウェアか判定。従来の定義ファイルベースの対応では対応までに数時間から数日が必要だったが、新技術が加わることで未知のファイルにも迅速な対応を実現する。

同技術は同社製品に順次搭載される予定。中小企業向けの「McAfee Total Protection Service」をはじめ、9月末には「McAfee VirusScan Enterprise」、およびコンシューマー向け製品でも利用可能となる見込み。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍