Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、通信障害が重なったKDDIに行政指導

総務省は、7月以降にKDDIの通信サービスで4件の障害が明らかになったことを受け、再発防止を求め文書で指導した。

インターネット接続サービス「au one net」や、携帯電話向けのメールサービス、ウェブ閲覧サービスにおいて4件の障害が度重なり判明したことから、設備管理における安全管理や信頼性の向上が不十分だったとして改善を求めたもの。

KDDIでは、固定電話向けインターネット接続サービス「au one net(旧DION)」において、サーバ設定が不十分だったことからウェブメールの一部ユーザーで情報漏洩が生じたことが7月に判明。さらに8月にはウイルス対策サービスなどの障害によるメールの誤廃棄や誤転送が明らかになった。

また携帯電話向けサービスでは、8月2日に設備の不具合でEZwebやメールが利用できなくなり、200万人に影響を与えたほか、24日に再びEZwebの利用に問題が発生している。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」