Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の半数近くがサイバー攻撃被害を楽観視 - マカフィー調査

マカフィーが米国やカナダの中小企業を対象に実態した調査によれば、サイバー攻撃により深刻な被害が報告されている一方で、「中小企業は安全」といった誤った思いこみから、サイバー攻撃を楽観視する企業が半数近くに及ぶことがわかった。

同調査は、米国とカナダにおける従業員数1000人から2000人規模の企業のIT管理者500人を対象に、中小企業を標的としたサイバー攻撃の実態や、中小企業のセキュリティ意識に関する調査を実施したもの。

同レポートによれば、32%の企業が過去3年間に5回以上の攻撃を受けていたことが判明。攻撃を受けた企業の26%が復旧に1週間を要するなど、大きな被害を受けていたという。

一方で、サイバー攻撃の標的は大企業のみで中小企業は安全だと回答した企業が44%。また52%が、会社の知名度が低いことから標的にはならないと考えており、46%の企業が、攻撃を行う犯罪者にとって自社は十分な収益源にはならないと回答するなど楽観視する声が目立った。

42%の企業が、1週間のうちわずか1時間しかセキュリティ対策に費やしておらず、43%がIT機器の初期設定をそのまま使っているなど、対策の甘さが浮き彫りとなっている。

同社ではこれら結果を受け、多くの中小企業がセキュリティ事情を誤解していると指摘。企業規模が小さく、知名度が低いからといって攻撃を受けないとは限らないと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
ゼロデイ攻撃で対策費用が倍増 - 対応遅れもコスト増加の原因に