Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年の新種マルウェア、昨年比4倍ペースで発生 - G DATA

G DATA Softwareは、2008年上半期におけるマルウェアの状況を取りまとめた。すでに2007年に観測されたマルウェアの2倍近くが報告されており、最終的には50万種類に達すると同社では予測している。

同社のセキュリティ研究機関が観測した新種マルウェアは、2007年を大幅に上回る勢い。2007年は1年間に13万3253種類のマルウェアが見つかっているが、2008年は上半期が過ぎた時点で、31万8000種類が報告されており、2008年は前年比4倍にあたる50万種以上の新種マルウェアが発生する見込みだという。

特に増加が目立つのは、バックドアとダウンローダ。いずれも多くのマルウェアに対策ソフトからの発見されることを避けるためのアップデート機能が搭載されており、こうした亜種の増加へつながっているという。

また、攻撃対象となるプラットフォームは、Windowsが昨年の95.2%から97.9%と再び上昇。金銭目的の攻撃が増えたことに起因すると同社では予測している。

一方、スマートフォンの新種マルウェアは41種。2006年1月からの累計も145種類にとどまったという。いずれも攻撃の可能性を証明する実証型ウイルスであり、スマートフォンの危険を指摘する一部ベンダーの動きに対し、マーケティング活動であると牽制した。

今後の動きについては、ウェブ経由による攻撃の本格化を予測。ブラウザだけではなく、プラグインも同様に保護すべきと警告している。

また引き続きボットネットを設置するためのダウンローダーをはじめ、口座情報などを取得するキーロガー、アドウェアなど経済活動目的のマルウェアが猛威を振るうことが予測されており、ブートセクタやMBRを攻撃するルートキットに対しても注意を喚起している。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移