Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月は悪意あるウェブサイトが6割増 - メッセージラボレポート

メッセージラボが、6月のウイルスの検出状況などをまとめたところ、悪意あるウェブサイトが前月より6割弱増加したことがわかった。

同社によれば、悪意あるウェブサイトへのアクセスをブロックした件数は、前月から58%増加し、2007年4月以来の最高値へ達した。1日あたり平均2076件のペースで不正サイトが発見されており、ウェブベースのマルウェアのうち31.4%が新種だったという。

6月のスパム率は76.5%で、前月から0.3%の増加。日本国内では若干低いものの70.7%がスパムだった。第2四半期においてはstormボットネットの活動は、5%未満大きく減少し、スパムの約40%を配信する「Srizbi」などへ移行しており、北京五輪や四川大地震に関するメールを送信している。

しかしながら、民主党の大統領候補であるオバマ氏など有名人や受信者を侮辱する内容のスパムなど、依然Stormボット経由のスパムについても確認されており、リンクは検索エンジンを通じてマルウェアサイトへアクセスさせる内容だった。

(Security NEXT - 2008/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減