Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性へ対処したJREの最新版が公開

Sunは、複数の脆弱性を解消した「Java Runtime Environment(JRE)」のアップデートを公開した。

特権の昇格など8種類の脆弱性へ対応したもの。一部バージョンのみ関連する脆弱性もあるが、「JRE 6 Update 6」や「同5.0 Update 15」「同1.4.2_17」「同1.3.1_22」やそれぞれの以前のバージョン、「JDK」や「SDK」といった開発キットも含め、幅広く影響を与える脆弱性も含まれており、各バージョンとも問題が解消された最新版が公開されている。

Java.com
http://java.com/ja/

サン・マイクロシステムズ
http://www.sun.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」に含まれる25件の脆弱性を解消
Oracle、Javaに含まれる37件の脆弱性を修正 - アップデートを公開
Oracle、Javaの脆弱性34件を修正 - リモートでコード実行のおそれ
セキュリティ機関がJavaのUD適用を呼びかけ - 64ビットのWindows環境は混在に注意
Oracle、Java SE向けにセキュリティアップデートを公開 - 40件の脆弱性を修正
Oracle、42件の脆弱性を修正したJavaのアップデートを公開 - 深刻な脆弱性多数含む
深刻な脆弱性を修正するJavaのアップデートが公開、早期適用を - すでに悪用コードが流通
脆弱性50件を修正するJavaの定例外アップデートが公開 - 悪用コード出回り前倒し
「Java SE」のアップデートが公開 - 悪用コード出回る脆弱性を修正
「Java SE 7」に未修正の脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中