Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾンビPCの所在地域に変化 - ブラジルでは最大1000万台が稼働

ゾンビPCの所在地域に若干の変化が生まれている。

G DATA Softwareによれば、4月にはドイツやイタリアなどヨーロッパ勢がトップを占めていたが、2008年第2四半期は、3位のブラジルがトップ全体の1割強を占めトップへ躍り出た。1日あたり500万から1000万台が稼働していたと見られている。

中国についても前回調査同様5位と順位そのものの変動は小さいが、ヨーロッパ勢はわずかながらも減少傾向が見られる一方、BRICsの2カ国であるブラジル、中国や4位のトルコなど対照的に増加していることから、G DATAでは攻撃の対象地域が移行していると分析している。

また同社では、スパムの配信状況についても調査を実施している。2008年1月に受信メールの60%を占めたスパムは、4月に94%まで上昇。6月は87%とやや落ち着きを見せたものの高い値となった。内容は精力剤関連のものが約3分の1を占め、薬やブランド品などもそれぞれ2割前後発生している。

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か