Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話トラブルから適正サービスや法制度を考えるシンポジウム - 日弁連

日本弁護士連合会(日弁連)は、携帯電話に関連した消費者のトラブルから適正なサービスや法制度のあり方などを考えるシンポジウムを7月5日に都内で開催する。

「携帯電話と消費者 -適正な携帯電話サービスのあり方を考える-」と題された今回のシンポジウムでは、トラブルの事例を通じて、現場や事業者、法制度や約款の問題点などを整理。安心して携帯電話を使える携帯電話サービスのあり方について考える。また有識者によるパネルディスカッションを用意している。

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
【特別企画】「大学生」と「社会人」が本音でトーク! ネット利用のギャップとセキュリティ
【特別企画】デジタルネイティブの新社会人、企業はいかに向きあうべきか
【特別企画】「セキュリティ赤ちゃん国」の日本、人材育成と意識改革がカギ
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
入試問題案や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪教育大
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも