Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日曜日に活動するウイルス「Pushdo」亜種がまん延 - フォーティネット

フォーティネットジャパンは、3月のウイルス検出状況を取りまとめ、公表した。

3月は、毎週日曜日に攻撃を行う「W32/Pushdo.EV!tr.dldr」が、ランキング初登場ながら「W32/Netsky!similar」や「HTML/Iframe_CID!exploit」を抑えてトップとなった。同ウイルスは、季節はずれのクリスマスカードとして1月にも確認されていたが、亜種をきっかけに拡散したという。

同社によれば、差出人は、一般的な女性の名前をかたり、自分のヌード写真をカードで送付したといったメッセージとともに添付ファイルとしてウイルスが送りつけられ、アダルトサイトの会員をターゲットに送付されたと見られている。添付ファイルを開き、感染するとルートキットのダウンロードを行い、メールの大量送信に利用される。

また、週末に目立った動きを見せる「Pushdo」とは対照的に、全般的に活動していた「W32/Virut.A」も、33位から4位へと順位を大きく伸ばした。同様に外部のサーバと接続するほか、ほかの実行ファイルへ複製を添付するなど、感染が広がる。

古参ウイルスである、「MyTob」「MyDoom」も活動を続けており、トップ10に亜種が4種類が入っている。同社が取りまとめたウイルストップ10は以下のとおり。

1位:W32/Pushdo.EV!tr.dldr
2位:W32/Netsky!similar
3位:HTML/Iframe_CID!exploit
4位:W32/Virut.A
5位:W32/MyTob.BH.fam@mm
6位:W32/MyTob.FR@mm
7位:W32/Bagle.DY@mm
8位:W32/Mydoom.N@mm
9位:W32/MyTob.fam@mm
10位:W32/Istbar.PK!tr.dldr

(Security NEXT - 2008/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に