Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割占めるスパムブログをシャットアウトする技術を開発 - ニフティ

ニフティは、同社の研究機関「ニフティ研究所」において、スパムブログを自動的に判別してフィルタリングする技術を開発した。

同社が開発したのは、アフィリエイト収入やサイトへの誘導を目的に、検索結果やニュースサイトを転載したり、無意味な文章を自動作成するなど、記事を大量に配信するスパムブログを判別し、フィルタリングする技術。

同社調査によると、分析対象である国内4億5000万のブログ記事について、2007年10月から2008年2月まで毎月約10万記事をサンプリングして調査を行った結果、5カ月平均で約40%がスパムブログだったという。

今回開発した技術では、こうしたスパムブログに対し、手法や目的、内容によって「自動生成系」と「アダルト系」に分け、さらに細かく分類したうえで、各スパムブログの特性に合わせた最適なフィルタリングを実現するという。

同技術は今後、同社のブログ評判分析サービス「BuzzPulse」、および「BuzzPulse」のオンラインサービス「BuzzSeeQer」に搭載する予定。

(Security NEXT - 2008/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
モバイル端末を狙った不正アプリが200万超え - 今後の動きに警戒を
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性