Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信

2020年7月にサービスを終えたアクセスログ解析サービス「Visionalist」で使用していたドメインの使用権を第三者が取得した問題で、「水飲み場攻撃」で利用されたこともあるスクリプトなどが配信されていたことがわかった。

「Visionalist」は、JavaScriptのタグを埋め込むことで、閲覧者のブラウザ上でスクリプトを実行し、アクセスログを収集、解析するサービス。2003年から2012年にかけてデジタルフォレストが提供。その後買収などを経てNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTT COMS)が運営していたが、2020年7月にサービスを終了している。

サービス提供当時、アクセスログの収集にあたり、ドメイン「tracer.jp」よりスクリプトを配信していたが、2022年4月30日にドメインの利用期限を迎え、2022年5月5日に関係ない第三者に所有権が移った。

あらたなドメインの登録者は、タグが残存する環境に対してスクリプトを配信しており、同問題を把握したNTTコミュニケーションズでは調査を実施。ブログ上で脅威の分析結果を明らかにするとともに、注意喚起を行った。

ドメインが登録された5月5日より同月17日にかけて、タグが埋め込まれたサイトにブラウザでアクセスするとスクリプトが実行され、2種類のハッシュ値やタイムスタンプ値が同ドメインに対して送信される状態だった。さらに応答内容によっては別のURLへリダイレクトされるおそれもあったという。

(Security NEXT - 2022/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性