Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性

eコマースプラットフォーム「EC-CUBE」向けに提供されているプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、コアモバイルが提供する同プラグインに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2022-27174」が明らかとなったもの。「同1.0.1」および以前のバージョンが影響を受ける。

同プラグインを導入し、管理画面にログインした状態で細工されたページへアクセスすると、意図しない操作が行われるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「4.3」。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの古川菜摘氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。アップデートが提供されている。

(Security NEXT - 2022/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ