Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載した「領収控」9668件を紛失 - 全信組連

全国信用協同組合連合会は、本店において厚生年金保険料や税金の「領収控」が所在不明になっていると発表した。

紛失したのは、東京都内の信用組合から取り次ぎ、2006年3月から2007年1月にかけて取り扱った9668件。法人名や納付金額、住所など記載されているが、約700件には氏名といった個人情報が含まれていると見られている。

同連合会によると、顧客に対しては押印した領収証を発行しているという。また2007年8月に誤って廃棄した可能性が高く、情報漏洩の可能性は低いと同連合会では説明している。

(Security NEXT - 2008/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ