Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

掲示板やSNS経由の情報漏洩対策に警戒する大企業

掲示板やブログ、SNSなど、情報投稿サイト経由の情報漏洩に警戒する動きが広がっている。ブログや2ちゃんねるに対してフィルタリングを実施している大規模法人は約8割に上った。

ネットスターが従業員が1000人以上いる大規模法人のシステム管理者を対象として2007年11月に実施した「組織でのインターネット管理実態調査」で判明したもの。今回が3回で有効回答数は515件だった。

URLフィルタリングの導入目的として7割が「不正コード侵入防止」や「情報漏えい防止」を上げており、「2ちゃんねる」に対して約8割、「mixi」半数以上がアクセス制限を設けていた。

「情報の発信」や「ファイル送付」など、追跡している組織は8割にのぼり、いずれも対応しているとした組織も半数を超えた。一方で持ち出しパソコンに対するフィルタリング対策は、「利用者が停止する」「面倒」などを理由に半数以上が実施していなかったという。

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール