Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京東信用金庫で顧客情報の流出が判明 - 流出経緯は調査中

東京東信用金庫は、顧客情報の外部流出が判明し、現在回収を行っていると発表した。

流出が判明したのは、1994年から1996年までに、旧東武信用金庫が取り扱った18件の書類で、氏名や住所をはじめ、顧客番号、口座番号、取引内容など12件の顧客情報が含まれていた。

同金庫では、流出経緯などを現在調査しているが、不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避