Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年クリスマス、Winny利用に減少傾向

2007年のクリスマスは、ファイル交換ソフト「Winny」のノード数が昨年の同時期などに比べ、減少傾向にあったことが、ネットエージェントの調査によりわかった。

同社が独自システムを活用し、同時期に稼働していた「Winny」のノード数について調査したところ、2007年の12月22日から25日までの4日間に検知されたノード数は、平均約33万強だった。もっともノード数が上昇したのは、クリスマスイブとなる12月24日で、35万3471ノードが観測されている。

2006年の同時期は、約37万から42万ノードで推移しており、1日平均で約6万2000の減少となった。相変わらず休日にWinnyが起動される傾向が強いものの、2007年のゴールデンウィークや夏ごろと比較しても減少傾向が現れている。

年末年始については、2006年の同社調査によれば、クリスマスと同様に週末に利用ノード数が大きく上昇する傾向が観測されており、今年の年末についても、情報漏洩の被害などに注意する必要がありそうだ。

(Security NEXT - 2007/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化