Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年クリスマス、Winny利用に減少傾向

2007年のクリスマスは、ファイル交換ソフト「Winny」のノード数が昨年の同時期などに比べ、減少傾向にあったことが、ネットエージェントの調査によりわかった。

同社が独自システムを活用し、同時期に稼働していた「Winny」のノード数について調査したところ、2007年の12月22日から25日までの4日間に検知されたノード数は、平均約33万強だった。もっともノード数が上昇したのは、クリスマスイブとなる12月24日で、35万3471ノードが観測されている。

2006年の同時期は、約37万から42万ノードで推移しており、1日平均で約6万2000の減少となった。相変わらず休日にWinnyが起動される傾向が強いものの、2007年のゴールデンウィークや夏ごろと比較しても減少傾向が現れている。

年末年始については、2006年の同社調査によれば、クリスマスと同様に週末に利用ノード数が大きく上昇する傾向が観測されており、今年の年末についても、情報漏洩の被害などに注意する必要がありそうだ。

(Security NEXT - 2007/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクト販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」