Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開

IPAは、プログラム開発時における脆弱性対策などをまとめた「セキュア・プログラミング講座 C/C++言語編」を公開した。

同機構では、従来より提供していた「セキュア・プログラミング講座」の改訂を実施し、7月より「Webアプリケーション編」の公開を開始。今回は、当初より追加が予定されていた「C/C++ 言語編」が公開となったもの。

同機構では、C言語およびC++言語について、移植性が高いなどメリットがある一方で、安全ロジックの実装をプログラマーに求められており、不用意に用いると脆弱性を生みやすいと指摘。開発時に考慮すべき注意事項をわかりやすく説明している。

コンテンツでは、サービス不能や情報漏洩対策など、配慮すべき対策ごとにカテゴリーを用意する一方で、要件定義、設計、実装など、どの開発の工程で考慮すべき対策であるか理解できるようになっている。さらにバッファオーバーフローをはじめとする著名な脆弱性についても解説した。

セキュア・プログラミング講座
http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv2/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市