Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バリオセキュア、メール送信形態で解析するスパム遮断サービス

バリオセキュア・ネットワークスは、メール送信形態の解析する企業向けメールフィルタリングASPサービス「Spam Protectionサービス」を、8月より提供開始する。

同サービスは、メールの内容と送信形態の挙動の解析からスパム判定を行うメールフィルタリングサービス。言語環境に依存せず、判定結果をデータベースに自動登録するヒューリスティックエンジンを搭載した。また迷惑メール送信元の送信処理そのものを防止する独自機能を搭載した。

ASPサービスのため専用のソフトが不要。メールは中継サーバ上で判定され、安全なメールと判定困難なメールのみ企業のメールサーバへ送信される。初期費用は一律5万2500円。月額利用料は、50ユーザー以下の場合で1万500円となっている。

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大