Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活金融公庫、融資残高など記載された書類を紛失

国民生活金融公庫において、融資先の顧客情報10件が記載された書類が所在不明となっていることがわかった。

所在不明となった書類は、同公庫上野支店が取り扱っていたもので、融資先である顧客10名の氏名、取引番号、融資残高などが記載されていた。郵送先から書類が未着との指摘が26日あり、紛失が明らかになった。

同公庫では、郵政公社などへ問い合わせるなど調査を進めているが回収されておらず、関連する顧客に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート