Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で人気のフリーウェア「+Lhaca 」を狙ったトロイの木馬現る

日本国内で人気のアーカイブソフト「+Lhaca 1.20」の脆弱性を標的にしたトロイの木馬が発生した。問題を解決したバージョンの提供も開始されている。

今回、LZH形式のファイルへ不正なコードが埋め込まれたトロイの木馬が見つかったもので、今回脆弱性が見つかったフリーウェア「+Lhaca」は、同形式の圧縮や解凍が行えるフリーウェア。国内では、ファイルの圧縮形式「LZH」を利用するユーザーが多く、手軽に利用できることから同ソフトは人気があり、ポータルサイトの人気投票で大賞なども受賞した経歴もある。

「+Lhaca 1.20」で問題のファイルを開こうとするとバッファオーバーフローが発生、バックドアが仕掛けられるおそれがある。米Symantecが利用者からファイルを提供され、不正なコードを発見した。

今回の脆弱性発見を受け、同ソフトの作者は「+Lhaca 1.21」をウェブ上で公開した。ウェブページによると、現時点では正式版ではなく、詳細を確認した後、正式版にするとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応