Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、墨塗りしても改ざんとならない署名ツールを開発

日立製作所は、電子署名を付与した後でも、隠したいデータを墨塗りして削除できる電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発した。

同ツールは、同社と早稲田大学の岩村充教授らが共同開発した「墨塗り署名技術」を応用した電子署名ツール。表計算ソフトで作成したデータに電子署名を付与したあとも、表計算シートのセルごとに墨塗りを施すことが可能で、個人情報や企業情報などを隠すことができる。

具体的には、セルごとに乱数を付与し、それらからハッシュ値を生成、それらの要約値に対して電子署名を実施。墨塗り時は、乱数とセル内のデータを削除しつつも、生成したハッシュ値を埋め込む。その結果、文書全体の要約値が変化せず、改ざんと見なされないため、墨塗り箇所以外の真正性を証明できるという。

(Security NEXT - 2007/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003