Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を記録したUSBメモリの紛失が教育機関で相次ぐ

堺市の小学校や横浜市の保育園、愛知県津島市の高校などで、各地の教育機関で生徒の個人情報紛失事故が発生している。いずれもUSBメモリを紛失したものだった。

堺市では、5月16日に市立小学校の教師が帰宅途中、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを鞄ごと落とした。メモリには、教師が担当する生徒36名の氏名、保護者氏名、住所、電話番号などが含まれる。

一方横浜市鶴見区では、市立保育園のアルバイト職員が、5月26日に園児の個人情報を含むUSBメモリを紛失したことが判明。紛失した個人所有のUSBメモリは、データをコピーする際に利用したもので、利用後に消去を行っていなかった。メモリには、園児89名の氏名を含む「時間外託児児童出席表」と、園児70名の名字を含む「幼児クラス連絡表」が保存されていた。

さらに5月27日には、津島市内の県立高校の男性教師が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報を含むメモリが盗まれた。前任校の生徒560名の氏名、住所、電話番号、および現在勤務している高校の生徒668名の氏名と生年月日などが含まれているという。

(Security NEXT - 2007/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生