Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を記録したUSBメモリの紛失が教育機関で相次ぐ

堺市の小学校や横浜市の保育園、愛知県津島市の高校などで、各地の教育機関で生徒の個人情報紛失事故が発生している。いずれもUSBメモリを紛失したものだった。

堺市では、5月16日に市立小学校の教師が帰宅途中、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを鞄ごと落とした。メモリには、教師が担当する生徒36名の氏名、保護者氏名、住所、電話番号などが含まれる。

一方横浜市鶴見区では、市立保育園のアルバイト職員が、5月26日に園児の個人情報を含むUSBメモリを紛失したことが判明。紛失した個人所有のUSBメモリは、データをコピーする際に利用したもので、利用後に消去を行っていなかった。メモリには、園児89名の氏名を含む「時間外託児児童出席表」と、園児70名の名字を含む「幼児クラス連絡表」が保存されていた。

さらに5月27日には、津島市内の県立高校の男性教師が車上荒らしに遭い、生徒の個人情報を含むメモリが盗まれた。前任校の生徒560名の氏名、住所、電話番号、および現在勤務している高校の生徒668名の氏名と生年月日などが含まれているという。

(Security NEXT - 2007/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大