Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、請求書など約1820万通でポイント表示に誤り

NTTドコモは、4月に請求書を発行した際、誤ったポイント数を表示する不具合が発生したと発表した。

今回の問題は、同社が送付している請求書などに記載されているポイント数の表示に誤記があったもの。同社では利用に応じてポイントの付加などを実施しているが、「前月からの持越ポイント」「ご利用可能ポイント」「サンクスポイント」などにおいて過少に表示されたという。

誤記載の原因は、ソフトウェアの不具合によるもので、同社によれば約1820万通に影響が出たという。正しいポイント数は、iモードや同社インフォメーションセンター、ショップなどで確認することが可能で、誤表記に関係なく、通常どおり問題なく利用できるとしている。

NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避