Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振替口座情報約29万件含むメモリが盗難 - 日本郵政公社

日本郵政公社は、職員が埼玉県草加市内で車上荒らしに遭い、顧客の郵便振替口座情報約29万件が記録されたUSBメモリが盗まれたと発表した。その後千葉県内で拾得され、回収したという。

被害に遭ったメモリには、口座加入者の氏名、住所、口座番号、口座開設日などを含む郵便振替口座情報約29万件、およびカナ氏名や口座番号など通常貯金のデータ31件が記録されていた。

同社によれば、東京貯金事務センターの職員が1月31日に盗難に遭ったもので、職員は2月4日になって盗難物に同メモリが含まれていることに気付いたという。顧客データの持ち出しは禁止されており、発覚後も同職員はメモリの盗難について、職場に報告していなかったという。

その後21日に、千葉県内で拾得したとの連絡があり、直接訪問して回収した。同社では顧客情報の持ち出しを禁止する内部規定が守られていなかったとして、管理の強化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース