Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、業務用パッケージ製品購入者に手のひら静脈認証用ソフトを無償提供

富士通は、同社業務用パッケージ製品の購入者を対象に、手のひら静脈認証用ソフトウェアを期間限定で無償提供する。2007年3月30日まで。

今回提供されるのは、非接触型の手のひら静脈認証ソフトウェアで「SMARTACCESS/Premium」「SafetyDomain for Bio」から選べる。別途、手のひら静脈センサーなどを用意することで、Windowsやアプリケーションのログイン時に、IDやパスワード入力の代わりに手のひらの静脈データを利用できる。

対象は、中堅企業向けERP「GLOVIA smart」ほか、同社の会計、生産管理、人事給与など全21種のパッケージ商品に、同ソフトの「無償ダウンロード券」が添付される。

(Security NEXT - 2006/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も