Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、セキュアアプリ技術者認定制度をスタート

シマンテックは、セキュリティアプリケーションの開発者育成を目的とした認定制度を9月20日より開始する。

今回開始となる「シマンテックセキュアアプリケーション開発技術者認定制度」は、同社の脆弱性調査などで得たノウハウを元に開発したという。資格の有効期限は2年間となっている。

脅威やリスクの分析、セキュリティ仕様作成などを行う「セキュアアプリケーションアナリスト」をはじめ、「セキュアアプリケーションアーキテクト」「セキュアアプリケーションプログラマ」「セキュアアプリケーションテスティングエンジニア」の4分野についてトレーニングコースを用意した。

(Security NEXT - 2006/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院