Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スカパー、広島市内で申込受付用紙を紛失

スカイパーフェクト・コミュニケーションズは、同社子会社であるスカパー・マーケティングが、衛星放送機器レンタルサービスの申込書を紛失したと発表した。

2006年8月19日に開催された2006年FIBAバスケットボール世界選手権広島会場で、受け付けを行った「スカパー!レンタルサービス受付用紙」3名分を広島市内で紛失したもの。用紙には、氏名や電話番号、住所、アンテナ取付けに関する情報を含んでいた。

同社では、封筒の回収を急ぐとともに、申し込みに心当たりがある場合、同社個人情報管理事務局まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2006/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ