Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が運搬車から落下で飛散 - 住友生命

住友生命保険は、顧客情報が記載された書類が運搬中のトラック荷台から落下して散乱していたことを明らかにした。407名分の書類が現在も未回収だとしている。

7月28日、大阪市中央区内の交差点付近に同書類が散乱しているとの通報を受け判明した。紛失したのは、同社保険に関連する手続完了済み書類の一部。契約者の氏名、住所、電話番号、証券番号などが記載されている。

その後、書類の保管を委託している倉庫会社が手配したトラックで運搬中、荷台より落下して散乱したことがわかった。同社では、回収作業を行ったが、7月31日時点で407名分の書類が未回収だという。

同社では該当する顧客に対し報告と謝罪をするとともに、顧客情報の管理徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か