Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭用ルータ向けURLフィルタリングサービスが登場 - 携帯ゲームもフィルタリング可能

コレガとネットスターは、家庭用のブロードバンドルータで悪質サイトをブロックできるURLフィルタリングサービス「インターネット悪質サイトブロックサービスfor BBルータ」を、6月下旬より提供開始する。

同サービスでは、コレガ製の家庭用ブロードバンドルータ「CG-WLBARGS」および「CG-BARSX」にフィルタリングサービスを提供するもの。最新のURLデータベースは、ネットスターが提供する。

ルータでフィルタリングを行うため、パソコンだけでなく、携帯ゲーム機やインターネット家電など、ルータ経由でネット接続するすべての情報機器において閲覧管理が可能。

ソフトウェアのインストールなどは必要なく、ルータの管理画面からサイトにアクセスして申し込むだけで利用できる。ルータに接続している機器ごとに、71のカテゴリ内から閲覧を規制するサイトのジャンルを選択、設定することが可能。利用料金は、1年で3150円。

(Security NEXT - 2006/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ