Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの顧客情報400万件が流出

KDDIが運営するISPサービス「DION」の顧客情報約400万件が流出したことがわかった。

KDDIによれば、流出した情報は、399万6789名分で、2003年12月18日時点の情報だという。流出した個人情報は、氏名、住所、電話番号などだが、一部顧客については、メールアドレスや生年月日、性別なども含まれていた。同社では、流出原因や経路など調査を進めている。

同社では、該当する顧客へメールや書面で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加