Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの顧客情報400万件が流出

KDDIが運営するISPサービス「DION」の顧客情報約400万件が流出したことがわかった。

KDDIによれば、流出した情報は、399万6789名分で、2003年12月18日時点の情報だという。流出した個人情報は、氏名、住所、電話番号などだが、一部顧客については、メールアドレスや生年月日、性別なども含まれていた。同社では、流出原因や経路など調査を進めている。

同社では、該当する顧客へメールや書面で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正