Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの顧客情報400万件が流出

KDDIが運営するISPサービス「DION」の顧客情報約400万件が流出したことがわかった。

KDDIによれば、流出した情報は、399万6789名分で、2003年12月18日時点の情報だという。流出した個人情報は、氏名、住所、電話番号などだが、一部顧客については、メールアドレスや生年月日、性別なども含まれていた。同社では、流出原因や経路など調査を進めている。

同社では、該当する顧客へメールや書面で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀