Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクト・ツー、バックアップソリューションの最新版を発売

アクト・ツーは、高速バックアップやソフトウェアの自動アップデートなどが可能になった、バックアップソリューションの最新版「EMC Retrospect 7.5 for Windows」を発売した。

同製品は、ウィザードに従って設定するだけで、簡単にバックアップが実行できるバックアップソフト。ネットワーク経由のバックアップにも対応している。

最新版ではデータ圧縮機能が強化され、バックアップの高速化が実現。また、ユーザーが個々にデータの復元を行えるようになったため、管理者の負担を軽減できる。さらに、ソフトウェアの自動アップデート機能や、クライアントソフトウェアの自動配布機能なども追加された。

価格は、中小企業向けの「Single Server」が9万8700円。大規模ネットワーク対応の「Multi Server」が19万8450円。

(Security NEXT - 2006/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大