Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち込みPCをセキュリティチェックしてネットワークを保護 -NRIセキュア

野村総合研究所とNRIセキュアテクノロジーズは、セキュリティチェックを行ったパソコンのみ組織内ネットワークへの接続を許可する検疫ソリューション「LAN-Blocker」を発売した。

同ソリューションは、持ち込みパソコンのセキュリティチェックを行い、セキュリティポリシーを満たさないなど問題のあるパソコンを隔離することにより、組織のネットワークを保護するもの。NRIセキュアのPCセキュリティ総合管理ソリューション「SecureCube/PC Check」の検疫オプションとして提供される。

隔離されたパソコンは検疫ネットワークに接続され、必要な対策が講じられる。その後再度チェックを受け、ポリシーを満たした時点で初めて組織内ネットワークへの接続が許可される。パッチ適用状態やウイルス対策の状態だけでなく、各種アプリケーションやOSの設定までチェック可能。

(Security NEXT - 2005/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西