Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パターンファイル提供前にウイルスを検出する製品 - ミラポイント

ミラポイント ジャパンは、定義ファイルが提供されていなくてもプログラムの振る舞いに基づいてウイルスを検知、駆除するアンチウイルス製品「Mirapoint RAPID Anti-Virus」を、12月中旬より発売する。

同製品は、同社のメールセキュリティアプライアンス製品「RazorGate」、およびEメールサーバアプライアンス製品「Mirapoint Message Server」上で稼動するアンチウイルスソフト。

プログラムの振る舞いに基づいてウイルスを検出するため、パターンファイルが配信される前でも対応が可能。パターンファイルベースのウイルス対策製品と組み合わせることで、より高セキュリティな環境を構築できるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など