Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、持ち出しPCのフィルタリングを実現するソフトを発売

アルプス システム インテグレーションは、持ち出しパソコンのフィルタリング機能を追加した、URLフィルタリングソフトの新バージョン「InterSafe Ver.3.5」を、6月16日より発売する。

同ソフトは、従来製品にクライアント導入型のフィルタリングモジュールを追加したもので、パソコンを社外に持ち出した場合のフィルタリングを実現する。不要なウェブサイトの閲覧や掲示板への書き込みなどを規制し、情報漏洩を防止する。

また、迷惑メールカテゴリを追加することにより、広告宣伝メールに記載されているURLを規制し、誤って個人情報を入力したり、フィッシングサイト、詐欺サイトなどに誘導されるリスクを抑える。価格は、25ユーザー当たりの1年契約で、20万7900円から。同じくアカデミック価格は、12万3900円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース