Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、誤操作による消失ファイルの復旧ソフトを発売

インターコムは、誤操作やパソコンのクラッシュなどにより削除されてしまったファイルを復元させるソフトウェア「Super ファイル復活 2」を、3月4日より発売する。

同ソフトは、ハードディスク内のデータ領域に残された削除ファイルを、検索機能やプレビュー機能、フィルタ機能により見つけ出し、データを復活させるもの。検索された復活対象ファイルは、アプリケーションごとに分類して表示するファイルタイプビューと、削除ファイルの情報をもとにツリー構造で表示するフォルダビューの2通りで確認できる。

また、独自プレビュー機能により、探しているファイルを確認しながら復活させることができる。ハードディスクに一時ファイルを作成せずメモリ上だけで表示するため、復活対象ファイルを壊すことがないという。

価格は、パッケージ版が1万500円、ダウンロード版が7875円。また、ノートパソコンユーザーや単一ドライブユーザー向けに、USBメモリが搭載された「Super ファイル復活 2 + USB メモリ」を4月7日より発売する。こちらの価格は、1万5225円となっている。

(Security NEXT - 2005/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収