Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、誤操作による消失ファイルの復旧ソフトを発売

インターコムは、誤操作やパソコンのクラッシュなどにより削除されてしまったファイルを復元させるソフトウェア「Super ファイル復活 2」を、3月4日より発売する。

同ソフトは、ハードディスク内のデータ領域に残された削除ファイルを、検索機能やプレビュー機能、フィルタ機能により見つけ出し、データを復活させるもの。検索された復活対象ファイルは、アプリケーションごとに分類して表示するファイルタイプビューと、削除ファイルの情報をもとにツリー構造で表示するフォルダビューの2通りで確認できる。

また、独自プレビュー機能により、探しているファイルを確認しながら復活させることができる。ハードディスクに一時ファイルを作成せずメモリ上だけで表示するため、復活対象ファイルを壊すことがないという。

価格は、パッケージ版が1万500円、ダウンロード版が7875円。また、ノートパソコンユーザーや単一ドライブユーザー向けに、USBメモリが搭載された「Super ファイル復活 2 + USB メモリ」を4月7日より発売する。こちらの価格は、1万5225円となっている。

(Security NEXT - 2005/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に