Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、個人情報保護の教育プログラムをASPで提供

日本ベリサインは、企業の一般社員を対象とした教育プログラム「ベリサイン認定情報セキュリティトレーニング」の提供を開始した。価格は26万2500円から(50ユーザーの場合)。

同サービスは、個人情報保護法対策などに利用できるセキュリティの教育プログラム。東芝ソリューションのASPサービス「ingeLC.com」を利用したeラーニングとして提供されるため、多人数における受講でも日程や場所など柔軟に対応できる。コンテンツの監修は、個人情報保護法やインターネット関連法に詳しい牧野二郎弁護士が担当した。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット