Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、個人情報保護の教育プログラムをASPで提供

日本ベリサインは、企業の一般社員を対象とした教育プログラム「ベリサイン認定情報セキュリティトレーニング」の提供を開始した。価格は26万2500円から(50ユーザーの場合)。

同サービスは、個人情報保護法対策などに利用できるセキュリティの教育プログラム。東芝ソリューションのASPサービス「ingeLC.com」を利用したeラーニングとして提供されるため、多人数における受講でも日程や場所など柔軟に対応できる。コンテンツの監修は、個人情報保護法やインターネット関連法に詳しい牧野二郎弁護士が担当した。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市