Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

堺市で高齢者施設の利用者情報1600件が盗難

堺市は、12月12日に同市の中老人福祉センターにてパソコン盗難被害が発生し、同施設利用者の個人情報1588件を紛失したと発表した。

同市が、堺市福祉サービス公社に管理運営を委託している堺市立中老人福祉センターのパソコンが盗難されたもの。パソコンには、氏名、住所、生年月日、性別、緊急連絡先など1588件が保存されていたという。同市では、パソコンにパスワードを設定していたとしている。

(Security NEXT - 2004/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会