Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライブドア、迷惑メール対策ソフトを発売

ライブドアは、「Outlook」と「Outlook Express」専用の迷惑メール対策ソフト「迷惑メールストッパー by PRO-G Tools」を、9月3日より発売する。

同製品は、受信トレイにスパムメールなどの迷惑メールが入るのを防ぐとともに、ユーザー自身で迷惑メールデータベースを成長させる「迷惑メール学習機能」も搭載している。同機能により、日本語の迷惑メールについても判別が可能だという。

また、Internet Explorerでポップアップ広告を抑止する「ポップアップブロッカー」、Windows2000/XPのメッセージ機能を利用した迷惑メッセージを防ぐ「IPスパムブロッカー」などの機能を搭載した。価格は5229円。

(Security NEXT - 2004/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト